スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

みどりのマキバオー 

 

私が今までに読んだ中で最も好きな漫画。



みどりのマキバオー


関連記事はこちらから
児童小説①~花豆の煮えるまで~
児童小説②~火よう日のごちそうはひきがえる
児童小説③~荒野にネコは生きぬいて~
トリペとー妊婦、はじめました



※一部ネタバレを含みます。

物語は、北海道の牧場で、一頭のサラブレッドの仔馬が生まれるところから始まります。
この仔馬、父は凱旋門賞馬、母は桜花賞馬と、競走馬として優秀なDNAを受け継ぐまさにサラブレッド。
母馬の出産に向けて、牧場関係者の期待は高まります。
そんな期待の中で迎えた出産。
しかし生まれてきたのは……
これ(笑)


ロバのような体型、豚のような顔、真っ白な体色の、とてもサラブレッドとは思えない姿をした“珍獣”
この漫画の主人公“ミドリマキバオー”です。

マキバオーの姿を見た牧場関係者は「競走馬にはなれない。」と、態度を一変させます。

確かに、容姿だけではなく、性格も臆病で甘えん坊で、とても競走馬になれるとは思えないマキバオー。

そんな牧場関係者からも一度は見放されたマキバオーが、最愛の母との別れ、信頼できる仲間やライバル達との出会いを通して、競走馬としての才能を開花させていく物語です。

1994~1998年に「週間少年ジャンプ」に連載され、アニメ化もされた、つの丸さんの代表作です。




私がマキバオーに出会ったのは中学生の時、マキバオーがジャンプに連載されている時期でした。
毎週欠かさずジャンプを買って最新話を読み、単行本も揃え、アニメも全話ビデオに録画しました。
ものすごい熱の入れようで、私の青春≒マキバオーと言っても過言ではないほどでした(笑)

なぜそこまでこの漫画に熱を上げられたのか。
それはこの漫画が“王道の少年漫画”として非常に優れたものであるからではないかと思います。

まず、主人公のマキバオーは、競走馬としては絶望的な容姿と性格で、周囲からの期待もゼロ。しかし、実は優秀な血統で、才能を秘めている。
そして、ライバル達との出会いの中で、競走馬として強くなりたいという気持ちが芽生え、仲間の手を借りながら努力し、才能を開花させていく…
これ以上ないくらいの“ザ・少年漫画の主人公 ”です。



そして次に、マキバオーを成長させる魅力的なライバル達の存在。

例えば、最大のライバルであるカスケードは、一見、天才肌で他の馬を見下す嫌な奴っぽいですが、実は誰よりも競馬に対して真摯で情熱的な努力家です。
そして、その努力の原動力になっているのはマキバオーと同じく別れた母への想いです。
白と黒、ブサメンとイケメン(笑)、周囲の期待ゼロと期待大…と、正反対のマキバオーとカスケードですが、実は原動力は同じなのです。
主人公最大のライバルとしてとてもよく考えてつくられたキャラクターだと思います。


その他にも、借金に苦しむ牧場主を救うために不正を行うモーリアローや地方競馬の期待を一身に背負うサトミアマゾンなど、どのライバルにも負けられない理由があり、思わず感情移入してしまいます。

主人公のライバルキャラクターが個性的で人気が集まるというのは、優れた少年漫画ではよくある事ですよね。



そして、この漫画がもっとも優れているのは、少年漫画の王道を突き進んでいるにも関わらず、あまりそれを感じさせないとう点なのではないかと思います。

ストーリー自体はザ・少年漫画なのですが、馬があたり前のように喋ったり、絵柄が独特(初期は全馬がロバに見えます…笑)だったり、下品なギャグをとばしてきたり(笑)と、王道漫画にしては斬新な部分もたくさんあります。こういったつの丸さんならではの部分により、王道漫画の古臭さが上手い具合に中和されて、読みやすくなっているのではないかと思います。


上にも書きましたが、独特な絵柄や下品な表現が散見されること(笑)から、敬遠される方も多い漫画だと思います。
ですが、敬遠されている方に声を大にして言いたい…「こんなに優れた漫画を読んだことがないなんて、もったいない!!」
是非是非、一度読んでみて下さい。
競馬の知識がなくても全く問題ありません。
少年漫画好きなら、きっと楽しめる作品です。



ちなみにどうでもいいことですが、私の夫はマキバオーに顔が似ています。
私はカスケードが好きなのですが…
人生は面白いですね(笑)



こちらから購入できます。
つの丸 集英社 2012-02-01
売り上げランキング : 141405
by ヨメレバ


関連記事はこちらから
児童小説①~花豆の煮えるまで~
児童小説②~火よう日のごちそうはひきがえる
児童小説③~荒野にネコは生きぬいて~
トリペとー妊婦、はじめました

育児関連の記事はこちら
抱っこ紐育児本雑貨バウンサー赤ちゃんのおもちゃ粉ミルクマザーズバッグファッション赤ちゃんの安全グッズ美容・健康赤ちゃんの絵本離乳食その他の育児グッズ食品おむつ
スポンサーサイト

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category:

thread: 漫画 - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://shufunokaimono.blog.fc2.com/tb.php/62-76b10a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。