スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

抱っこ紐比較③~ベビービョルンOne~ 

 

ベビービョルンOne(コットン)について、
実際に使ってみて感じた、長所と短所をあげてみます。

ベビービョルン 【日本正規品保証付】 ベビーキャリア One ブラック 091023

関連記事はこちら
抱っこ紐比較①
抱っこ紐比較②~ベビービョルンミラクル
抱っこ紐比較④~エルゴベビーパフォーマンス
気になる抱っこ紐~エルゴ チャイマンダラ/ブルーロータス
抱っこ紐比較⑤~エルゴベビーオリジナルとパフォーマンス~

我が家で実際に使っているOne

よだれスタイ付き
スタイの記事はこちら→抱っこ紐アクセサリー①~よだれカバー~

【長所】
肩紐、腰紐が厚い
紐の厚さと体の楽さは、比例すると思います。
エルゴパフォーマンスと比べると若干劣りますが、ビョルンミラクルより遥かに楽に抱っこすることができます。

使用可能期間が長い
新生児(3.5 kg/53 cm )から約3歳( 15 kg/100 cm)まで使用可能です。
首すわり前でもインサートを追加することなく使用できます。

前向き抱っこが出来る
5ヶ月/12kgから可能。
ねぐせは前向き抱っこが大好きで、大喜びします。

簡単、安全におんぶが出来る
おんぶの仕方は、
赤ちゃんを対面抱っこする→大人の両腕を肩紐から抜く→赤ちゃんを背あてごと大人の背中側に回す→大人の両腕を肩紐に通す
と簡単です。
エルゴでもこの方法でおんぶ可能ですが、赤ちゃんを大人の背中側に移動させる時に、
大人と背あての間から赤ちゃんが転落する可能性があります。
しかし、Oneは、肩紐と赤ちゃんの背あてをバックルでつなぐ構造なので、
転落することは、まずないと思います。


足の開き具合が調節できる
赤ちゃんの股の部分に付いているファスナーを開閉することで、足の開き具合が調節できます。
最も足を開いた状態でも、エルゴで抱っこした時程は開かないので、股関節への負担が少ないのではないかと思います。

ファスナーを閉じた(足を開く)ポジション

ファスナーを開いた(足を閉じる)ポジション


涼しい
コットン素材ですが、赤ちゃんと大人の間に一枚布があり、体どうしが直に接しないため、意外に涼しく感じます。
メッシュ素材のエルゴパフォーマンスより涼しいと思います。
(最近発売になった、メッシュ素材のOneは、更に涼しいかも?)

バックルを外した状態
赤く囲んだ部分の布が、赤ちゃんと大人の間にはさまります。


上着の下に付けられる
肩紐と背当てをつなぐバックルを着脱する構造なので、コートなど上着の下に付けたまま赤ちゃんを乗せたり降ろしたりできます。
エルゴは肩紐を大人の腕に通すことで赤ちゃんを抱っこする構造なので、上着の下に付けてしまうと、そのまま赤ちゃんを乗せたり降ろしたりできません。

シンプルなデザイン
好みの問題ですが、どんな服装にも合わせやすく、男性が使っても違和感がないと思います。


【短所】
バックルが着脱しにくい
使い始めの頃は、4つのバックルの付け外しに苦戦しました。
ミラクルとはまったく違うバックルなので、面食らってしまいましたが、
コツをつかんでからは問題なく使用出来ています。

バックル
スライドさせて着脱します。
肩紐にあるバックル

背当てにあるバックル

腰紐のバックル
こちらは簡単に着脱できます。


ホコリや毛玉、色褪せが目立つ
黒色なので目立ちます。
他の色の発売はありません。

洗濯後、乾きにくい
コットン素材なので、メッシュ素材のミラクルやパフォーマンスと比べると、乾きにくいです。(メッシュタイプのOneは乾きやすいかも?)

かさばる
重くてかさばります。
ベビーカー(アップリカのエアリアを使っています)のカゴに入れにくいので、ベビーカーで出掛ける時はパフォーマンスを持っていきます。




ビョルンミラクルが、他の二つの抱っこ紐と比べて飛び抜けて優れている点は、寝かしつけの成功率の高さだと思います。

エルゴパフォーマンスでは体への負担の少なさだと思います。(次回、詳しく書きます。)

では、ビョルンOneはというと…
飛び抜けた点…ないかも(笑)
強いて言うなら、安全におんぶができるところでしょうか。

ところが、この飛び抜けたところのないOneですが、
なんと、我が家での使用頻度が3本中、第1位となっています。

なぜなら、
インサートなしで新生児期から3歳まで抱っこ出来て、前向き抱っこ、おんぶにも対応しているのは、Oneだけだからです。

“飛び抜けて優れたところはないけれ
ど、これ一本でなんでもそこそこできる”ので、重宝しているのです。

この“一本でなんでも出来る”というところが、Oneの魅力だと思います。

我が家のねぐせは、抱っこ魔人なうえ、ものすごく寝つきが悪いので、長時間の抱っこや寝かしつけに抱っこ紐を使用しています。
そのため、より楽に抱っこ出来るエルゴや、寝かしつけに便利なミラクルも活躍しています。

しかし、抱っこしなくてもご機嫌でいられる赤ちゃんや、寝つきがいい赤ちゃんであれば、抱っこ紐はOne一本だけで事足りるのではないかと思います。

私も、3本のうち1本だけを選ぶなら?と問われれば、迷わずベビービョルンOneと答えます。



抱っこ紐は一本だけで済ませたい!
という方におすすめの抱っこ紐です。



ちなみにですが、最近、ベビービョルンOneのメッシュタイプが発売になったそうです。
私が購入した時にはなかったのですが、あれば間違いなくメッシュタイプにしました。


ベビービョルン【日本正規品保証付】ベビーキャリア One メッシュ ブラック 091025


次回はエルゴベビーパフォーマンスについて書きたいと思います。

購入はこちらからできます

 

関連記事はこちら
抱っこ紐比較①
抱っこ紐比較②~ベビービョルンミラクル
抱っこ紐比較④~エルゴベビーパフォーマンス
気になる抱っこ紐~エルゴ チャイマンダラ/ブルーロータス
抱っこ紐比較⑤~エルゴベビーオリジナルとパフォーマンス~

その他の育児関連の記事はこちら
育児本雑貨バウンサー赤ちゃんのおもちゃ粉ミルクマザーズバッグファッション赤ちゃんの安全グッズ美容・健康赤ちゃんの絵本離乳食その他の育児グッズ食品おむつ /日々の買い物


★追記(2014.11.22)

ベビービョルンONEで黒以外のカラーが発売になりました!
・カーキ/ベージュ(コットン)
・ブラウン/ブラック(メッシュ)
・シルバー(メッシュ)
の3色です。

私は、見た目だけならカーキ/ベージュ(コットン)が1番好みですが、通気性や色あせ・ホコリの目立ちにくさなどを総合的に考えるとシルバー(メッシュ)が使いやすいのではないかと思います。

いずれにせよ、選択肢が増えるのは嬉しいことですよね。

こちらからすべてのカラーを検索できますので、ご検討の際の参考にしてみて下さい。


★さらに追記(2014.11.22)
ベビービョルンから最新の抱っこ紐“ベビービョルンWE”が発売になりました!

ONEととてもよく似た抱っこ紐ですが、機能面でよりシンプルに、価格も手頃になっています。

ONEとの具体的な相違点は
【機能面】
・背当てのバックルが片側のみになった(もう片側は背当てに固定)
・前向き抱っこができない
・現時点でのメッシュの発売がない
【価格面】
・4000円安い
です。

ねぐせは前向き抱っこが大好きなので私のおすすめはONEですが、前向き抱っこの必要性を感じない方には、ONEと同じ抱き心地の抱っこ紐を4000円安く手に入れられる点は大きな魅力だと思います。

どちらにせよ、安い買い物ではないので、じっくり検討していただければと思います。

こちらからWEの商品説明をご覧いただけますので、参考になさって下さい。
(発売されているカラーは現在ブラックのみです。)
スポンサーサイト

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category: 抱っこ紐

thread: マタニティー&ベビー用品 - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://shufunokaimono.blog.fc2.com/tb.php/5-6db65055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。