スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

トーマスこどもシャンプー あわポンプタイプ 

 

ねぐせが3歳の誕生日から使っているシャンプー。



それまではこちらのピジョンのベビーシャンプーを使っていたのですが、3歳の誕生日を目前にして、もうベビーじゃないしそろそろ違うものを試したいなぁと考えるようになっていました。



しかし「違うものって言ってもどんなのがいいんだろ…大人と同じでいいんだろうか?その場合コンディショナーはいるの?」と疑問だらけで、にもかかわらずなんとなく調べるのが面倒で、今度薬局に行ったら色々見てみよう…とダラダラしているうちについにピジョンシャンプーが使い終わってしまいました(笑)

そこで、急遽、夫が使っているキュレルのシャンプーと、コンディショナーを使ってみることに。
悩んだわりに結局手近なところで済ませる羽目に(笑)




でも、キュレルは低刺激で敏感肌にも優しいつくりになっているそうですし、事実、他のシャンプーでは頭皮が乾燥して痒みの出る夫が問題なく使えていたので、子供が使っても大丈夫だろうという考えがあって使ったんですよ。…一応(笑)

で、キュレルを使ってどうなったかというと、
次の日は、ピジョンの時より髪がサラサラで、頭皮にも特に問題は起きず(ねぐせは皮膚が強いほうだからかもしれませんが)、とても良い感触でした。

ところが、数日使い続けると、だんだんと髪が乾燥したようになり、パサパサして静電気が起きるようになってしまいました。
バスに乗った時に、前の席に座った幼稚園年長さんくらいの子のかみがツヤツヤで天使の輪が出来ていたのに対して、ねぐせは静電気でバサバサになっていて、さすがにこれはダメだと思い、ついに重い腰をあげてシャンプーについて調査を開始することに。


そして、ついにたどり着いたのが、トーマスこどもシャンプーでした。

こどもシャンプーとうたっているだけあって、乾燥や刺激の原因にもなるラウリル硫酸を使っていない低刺激のシャンプー。
バサバサになってしまったねぐせの髪は、トーマスシャンプーを使った次の日には今までにないツヤツヤしっとりの美髪になりました!
すごすぎです。

こんなに綺麗な髪になれるなら私も使いたいと思うのですが、残念ながらこのシャンプーはとても泡立ちが悪い…
ワンプッシュでこのくらいの量が出てくるのですが

ねぐせのベリーショートの小さな頭ですら、3~4プッシュしないと洗い上げることができません。

ロングヘアーの大きな私の頭を洗うにはいったい何プッシュしなければならないことか…本当に残念です。

でも、泡立ちの悪さは添加物の少なさによるものでしょうし、そもそもトーマスの容器に入っていてわざわざこどもシャンプーとうたっているので、男の子向けに作られているんですよね。三十路をこえたおばさんがつかうものではないんですね(笑)
コスパはけして良くありませんが、低刺激・男の子向けということを考えれば、泡立ちの悪さも許容範囲でしょうか。


ちなみに、前にこのブログにも書きましたが、私はなんとなくトーマスが怖いんですが(カッと見開いた目、張り付いた笑顔、具合の悪そうな顔色… 笑)、この容器は特に怖く感じます…

濡れると…
笑顔のまま、めっちゃ汗かいて目の下に涙がたまるんです!!

怖いよー


でも、使い心地は素晴らしいおすすめシャンプーです。
ベビーシャンプー卒業の際には、ぜひ一度おためしあれ。




容器がアンパンマンのバージョンもあります。
中身のシャンプーはトーマスバージョンと同じです。







その他の育児関連の記事はこちら
抱っこ紐育児本雑貨バウンサー赤ちゃんのおもちゃ粉ミルクマザーズバッグファッション赤ちゃんの安全グッズ美容・健康赤ちゃんの絵本離乳食その他の育児グッズ食品おむつ /日々の買い物/トイレトレーニング


スポンサーサイト

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category: その他の育児グッズ

thread: おすすめ商品 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://shufunokaimono.blog.fc2.com/tb.php/137-aa0437d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。