スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

美濃焼の子供茶碗 

 

みなさんのお子さんは好き嫌いはありませんか?

我が家の息子“ねぐせ”は現在2歳ですが、離乳食の開始時からつい最近までずっと“白いごはん”が苦手で、無理矢理口に入れるとオエッと吐き出しそうになるほどでした。

ふりかけやおかずを混ぜるなど、工夫して味を変えるとなんとか食べますが、それでも気分が乗らない時は手をつけないことも多かったです。

もう少し大きくなれば自然と食べるようになるのでしょうが、私としては、やはりまだ子供とはいえ、日本人に生まれたからには主食であるごはんはちゃんと食べて欲しいという思いがありました。

そこで、なんとかごはんを食べてもらうため、まずは楽しい雰囲気作りをしよう!と思い立ち、ねぐせが好きそうなこちらの茶碗を購入し、食べさせ方を工夫してみました。



結果は大成功で、ねぐせはご飯を食べるようになってくれました。

どのようにして食べるようになったかは後で書くとして、まずは茶碗の紹介をします。

乗り物の絵がたくさん描かれた、美濃焼の子供用茶碗です。
クレヨンで描いたかのような優しいタッチの絵が子供らしくて可愛いです。

内側には底の部分にどーんと大きな車の絵が、さらにふちにも小さな車・電車・飛行機の絵が描かれています。

外側にも内側と同じ乗り物が色付きで描かれています。



裏側のこんなところにまで車の絵が!


とにかくどこを見てもびっしり乗り物の絵が描かれています。
この“どこを見ても乗り物が描か
れている”という点を利用して、ねぐせにご飯を食べさせる工夫をしていきました。

ねぐせは大の乗り物好きです。
そのため、まず、ご飯の準備をしている時から茶碗の外側の絵を見てソワソワしだします。

そんな茶碗に興味津々の状態で、茶碗にご飯をよそって、椅子に座らせたねぐせの前に出します。
すると、今度は内側のふちの部分に描かれた小さな絵を指差して「ブーブー」「でんしゃ」など言いながら遊びだします。

ひとしきり遊ばせたら、今度は私がご飯を少しずらして底の大きな車の絵を見せます。
ご飯の底からちらりと見える今までより大きくてインパクトのある車の絵に興奮するねぐせ。
そこで、私が 「ねぐせがご飯全部食べたらおっきいブーブー全部見えるよ!頑張って食べよう?!」と言います。

すると、あれほど嫌がっていた白いご飯を自分からバクバク食べるのです!!

途中で飽きてきて食べるのを辞めようとすることもありますが、その度に「ブーブー見えるよ!頑張って!」「おかあさんもブーブー見たいな。見せてよ!」などと、根気よく励ましの言葉をかけるとまた食べ出し、時間はかかりますが、白いご飯を完食することが出来るようになりました。

今だに気分が乗らない時には、味付けをしないと食べないこともありますが、それでも自分からご機嫌でご飯を完食出来るようになったのは、離乳食初期からねぐせのご飯嫌いに悩んできた私にとっては夢のようなことでした。
そして、何より、自分なりに一所懸命考えて工夫した結果が報われてとても嬉しかったです。

がむしゃらに突き進むだけではなく、少し見方を変えて工夫をしてみると案外上手く行くこともあるということを今更ながら痛感しました。

今回はたまたま上手く行っただけかもしれませんが、上手く行かなかったとしても、色々やってダメなら諦めもつきやすいのではないかとも思います。

おこさんの好き嫌いで悩む方は多いかと思います。
調理法・味付けを工夫しても食べてくれない…
そんなときは、少し見方を変えて、楽しい雰囲気作りをされてみてもいいかもしれません。




その他の育児関連の記事はこちら
抱っこ紐育児本雑貨バウンサー赤ちゃんのおもちゃ粉ミルクマザーズバッグファッション赤ちゃんの安全グッズ美容・健康赤ちゃんの絵本離乳食その他の育児グッズ食品おむつ
スポンサーサイト

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category: その他の育児グッズ

thread: おすすめ商品 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://shufunokaimono.blog.fc2.com/tb.php/106-c2caea22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。