スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

みどりのマキバオー 

 

私が今までに読んだ中で最も好きな漫画。



みどりのマキバオー


関連記事はこちらから
児童小説①~花豆の煮えるまで~
児童小説②~火よう日のごちそうはひきがえる
児童小説③~荒野にネコは生きぬいて~
トリペとー妊婦、はじめました



※一部ネタバレを含みます。

物語は、北海道の牧場で、一頭のサラブレッドの仔馬が生まれるところから始まります。
この仔馬、父は凱旋門賞馬、母は桜花賞馬と、競走馬として優秀なDNAを受け継ぐまさにサラブレッド。
母馬の出産に向けて、牧場関係者の期待は高まります。
そんな期待の中で迎えた出産。
しかし生まれてきたのは……
これ(笑)


ロバのような体型、豚のような顔、真っ白な体色の、とてもサラブレッドとは思えない姿をした“珍獣”
この漫画の主人公“ミドリマキバオー”です。

マキバオーの姿を見た牧場関係者は「競走馬にはなれない。」と、態度を一変させます。

確かに、容姿だけではなく、性格も臆病で甘えん坊で、とても競走馬になれるとは思えないマキバオー。

そんな牧場関係者からも一度は見放されたマキバオーが、最愛の母との別れ、信頼できる仲間やライバル達との出会いを通して、競走馬としての才能を開花させていく物語です。

1994~1998年に「週間少年ジャンプ」に連載され、アニメ化もされた、つの丸さんの代表作です。




私がマキバオーに出会ったのは中学生の時、マキバオーがジャンプに連載されている時期でした。
毎週欠かさずジャンプを買って最新話を読み、単行本も揃え、アニメも全話ビデオに録画しました。
ものすごい熱の入れようで、私の青春≒マキバオーと言っても過言ではないほどでした(笑)

なぜそこまでこの漫画に熱を上げられたのか。
それはこの漫画が“王道の少年漫画”として非常に優れたものであるからではないかと思います。

まず、主人公のマキバオーは、競走馬としては絶望的な容姿と性格で、周囲からの期待もゼロ。しかし、実は優秀な血統で、才能を秘めている。
そして、ライバル達との出会いの中で、競走馬として強くなりたいという気持ちが芽生え、仲間の手を借りながら努力し、才能を開花させていく…
これ以上ないくらいの“ザ・少年漫画の主人公 ”です。



そして次に、マキバオーを成長させる魅力的なライバル達の存在。

例えば、最大のライバルであるカスケードは、一見、天才肌で他の馬を見下す嫌な奴っぽいですが、実は誰よりも競馬に対して真摯で情熱的な努力家です。
そして、その努力の原動力になっているのはマキバオーと同じく別れた母への想いです。
白と黒、ブサメンとイケメン(笑)、周囲の期待ゼロと期待大…と、正反対のマキバオーとカスケードですが、実は原動力は同じなのです。
主人公最大のライバルとしてとてもよく考えてつくられたキャラクターだと思います。


その他にも、借金に苦しむ牧場主を救うために不正を行うモーリアローや地方競馬の期待を一身に背負うサトミアマゾンなど、どのライバルにも負けられない理由があり、思わず感情移入してしまいます。

主人公のライバルキャラクターが個性的で人気が集まるというのは、優れた少年漫画ではよくある事ですよね。



そして、この漫画がもっとも優れているのは、少年漫画の王道を突き進んでいるにも関わらず、あまりそれを感じさせないとう点なのではないかと思います。

ストーリー自体はザ・少年漫画なのですが、馬があたり前のように喋ったり、絵柄が独特(初期は全馬がロバに見えます…笑)だったり、下品なギャグをとばしてきたり(笑)と、王道漫画にしては斬新な部分もたくさんあります。こういったつの丸さんならではの部分により、王道漫画の古臭さが上手い具合に中和されて、読みやすくなっているのではないかと思います。


上にも書きましたが、独特な絵柄や下品な表現が散見されること(笑)から、敬遠される方も多い漫画だと思います。
ですが、敬遠されている方に声を大にして言いたい…「こんなに優れた漫画を読んだことがないなんて、もったいない!!」
是非是非、一度読んでみて下さい。
競馬の知識がなくても全く問題ありません。
少年漫画好きなら、きっと楽しめる作品です。



ちなみにどうでもいいことですが、私の夫はマキバオーに顔が似ています。
私はカスケードが好きなのですが…
人生は面白いですね(笑)



こちらから購入できます。
つの丸 集英社 2012-02-01
売り上げランキング : 141405
by ヨメレバ


関連記事はこちらから
児童小説①~花豆の煮えるまで~
児童小説②~火よう日のごちそうはひきがえる
児童小説③~荒野にネコは生きぬいて~
トリペとー妊婦、はじめました

育児関連の記事はこちら
抱っこ紐育児本雑貨バウンサー赤ちゃんのおもちゃ粉ミルクマザーズバッグファッション赤ちゃんの安全グッズ美容・健康赤ちゃんの絵本離乳食その他の育児グッズ食品おむつ
スポンサーサイト

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category:

thread: 漫画 - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

△top

自宅で美文字~30日できれいな字が書けるペン字練習帳~ 

 

私は以前から自分の字にコンプレックスがあり、きれいな字が書けるようになりたいと思っていました。

こちらが私の字
女性の字とは思えませんね…


息子のねぐせを出産してから、
ねぐせが幼稚園に入って、持ち物に名前を書いてあげる時に汚い字だとかわいそう…
という思いから、ますますきれいな字を書くことへの憧れが強くなりました。

そこで、ただ憧れていても仕方がない!
ペン習字を始めてみよう!
と、重い腰をあげることに。

調べてみると、ペン習字を始めるには
①習字教室に通う
②通信講座を受講する
③ペン習字の練習本を買って自宅で自主学習する
の、3つの方法があることがわかりました。

私はねぐせの子育て真っ最中なので、
自宅で出来ること
ねぐせが夜寝た後数時間で出来ること
が、絶対条件です。

①習字教室に通う→自宅で出来ないので無理
②通信講座を受講する→ねぐせが寝た後の数時間だけで、課題をこなして継続できるのか不安…

…と、いうことで、
③ペン習字の練習本を買って自宅で自主学習する
ことにしました。

そこで、Amazonで評価の高かったこちらの練習本を購入し、練習していくことにしました。

30日できれいな字が書けるペン字練習帳 (TJMOOK)


関連記事はこちら
そえぶみ箋

値段は一冊600円と安いにも関わらず、ひらがな、カタカナ、漢字、数字、アルファベット、よく使う地名や名字、手紙でよく使う言葉…と、日常でよく使う字や言葉が一通り練習できるようになっています。

作者の中塚翠涛さんは、SMAPの中居正広さんのTV番組にも出演されていた有名な書道家だそうです。
この練習帳のお手本の字は中塚さんが書かれているのですが、癖がなく誰が見ても美しいと思える字です。

練習帳では、お手本を見ながらなぞり書きをする→なぞり線なしで書く
という進め方をしていきます。
お手本には、上手く書くためのポイントが書いてあるので、そのポイントを憶えて意識しながら練習していきます。
この、ポイントを憶えるということが、上達する近道だと思います。



私は、練習帳に書いた後で、更に、納得がいく字が書けるようになるまで、小学生用の漢字練習帳を使って練習していきました。

そのため、一冊終えるのに30日ではなく、2ヶ月がかかりました。


そして、その結果、
この字が…


こうなりました。

かなり変わりましたよね!

本格的に習字をされていた方からすれば、お話にならない字だとは思いますが…
とりあえず、ねぐせに恥をかかせずに済む程度にはなれたと思うので、とても満足しています。

たった600円で、空いた時間に自分のペースで無理なくできたので、
書道教室へ通ったり、通信講座を受講するよりも、よかったと思っています。



ペン習字に興味があるけれど、続けられるかわからないものに大金をかけるのはちょっと…という方におすすめの一冊です。

まずは試しにこの一冊をやってみて、やり終えることができたら、教室や通信講座にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

中塚 翠涛 宝島社 2009-12-04
売り上げランキング : 55
by ヨメレバ



関連記事はこちら
そえぶみ箋

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category:

tb: 0   cm: 0

△top

児童小説③~荒野にネコは生きぬいて~ 

 


荒野にネコは生きぬいて (文研じゅべにーる)

関連記事はこちらから
児童小説①〜花豆の煮えるまで〜
児童小説②〜火よう日のごちそうはひきがえる
トリペとー妊婦、はじめました
みどりのマキバオー


物語は、都会生まれの一匹の子ネコが荒野に捨てられるところから始まります。

生後わずか12週の子ネコには、捨てられたという状況が理解出来ません。

しかし、なんとか辿り着いた村で出会った人間から、再び酷い仕打ちを受け、自分は荒野で生活するしかないことを悟ります。

厳しい野生生活を余儀なくされたネコの一生が、作者の感情を挟むことなく淡々と描かれていきます。



ネコはお話のほとんどを荒野で過ごすのですが、その野生生活の中でもたくさんの人間と関わりを持ちます。

そういった人間との関わりが、ネコの命を助けることも脅かすこともあります。

荒野で生活をする中で、野生を生きぬくすべを身に付けていき、強くたくましく成長する姿が描かれる一方で、
人間との関わりにより、簡単に運命を変えられてしまう弱さも描かれていて、
その対比がなんとも悲しく、胸を打たれます。



私の実家には今年で18歳になる老猫がいます。

18年前、私の地元の新聞には、読者がペットの里親募集広告を載せることが出来る欄がありました。

母がその欄で、子猫の里親募集広告を見つけ、猫を飼いたいと言っていた私を、広告主の家に連れて行ってくれました。

その家には3匹の子猫がいて、そのうちの1匹を我が家でもらうことになりました。
それが、現在も実家で飼われている老猫です。

私は、この本を読む度に、老猫をもらった日のことを思い出します。

私は、3匹のうちから老猫を選んだわけですが、選ばなかった2匹が老猫に比べて特に劣っていたわけではありませんでした。
ただ、なんとなく、老猫がうちには合いそうだなぁ…という気がしたから選んだだけでした。

あの時、なんとなく選ばれなかった2匹は、今何処で何をしているでしょうか?

この本を読む時、私は、2匹が人間と共に幸せに生きていることを願わずにはいられません。


人間によって運命を大きく左右されるペットの置かれている状況は、ある意味野生動物よりも厳しいのかもしれません。

人間とペットのありかたについて考えさせられる一冊です。


購入はこちらから
G.D.グリフィス 文研出版 1978-01
売り上げランキング : 95177
by ヨメレバ


関連記事はこちらから
児童小説①〜花豆の煮えるまで〜
児童小説②〜火よう日のごちそうはひきがえる
トリペとー妊婦、はじめました
みどりのマキバオー

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category:

thread: オススメの本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

児童小説②~火よう日のごちそうはひきがえる~ 

 

ラッセル・E. エリクソン 評論社 2008-02
売り上げランキング : 49601
by ヨメレバ


関連記事はこちらから
児童小説①〜花豆の煮えるまで〜
児童小説③〜荒野にネコは生きぬいて〜
トリペとー妊婦、はじめました
みどりのマキバオー

真冬のある日、ひきがえるのウォートンは、かぶと虫のさとうがしをトゥーリアおばさんに届けようと思い立ちます。

安全な地下から地上に出て、雪の森をスキーで滑って行くウォートン。

しかし、その途中、不運にも一羽のみみずくに見つかり、捕らえられてしまいます。

ウォートンはみみずくのねぐらに連れて行かれ、

次の火曜日がみみずくの誕生日で、その日にごちそうとしてウォートンを食べるつもりだということを聞かされます。

火曜日までは5日間しかありません!
高い木の幹にあるみみずくのねぐらから逃げ出すことは出来るのでしょうか?

ウォートンの運命やいかに!



私が初めてこの本を読んだのは小学校低学年の頃だったと思います。

最初に手に取った理由は、表紙の絵が気に入ったからでした。
リアルな絵が、動物好きの私のツボにハマり、何度も模写をしたのを覚えています。
(…今考えると、相当変わった子供ですね 笑)

気に入ったのは絵だけではなく、お話もで、みみずくに捕らえられてしまったウォートンがどうなるのか、ドキドキワクワクしながら何度も読み返しました。

大人になって読んでみると、途中くらいから、最後のオチは見えてしまいます。

しかし、オチがわかっていても、雪面を小さな生き物たちが冒険する姿、ウォートンやみみずくのねぐらの暖かさ、ウォートンの煎れるお茶の味などを想像すると、それだけでワクワクして暖かな気持ちになれます。

そして、何度読んでも最後には涙してしまいます。

王道のストーリー展開で、オチもわかりやすいのに涙してしまうのは、
キャラクターや言い回しが素晴らしいからでしょうか。

この本はシリーズ化されていて続編が7冊も出版されているそうですが、それも頷けます。


大人も子供も色々な意味でワクワク出来る作品です。
お子さんと一緒に読んで、感想を言いあってみるのもいいかもしれません。

私も息子のねぐせが小学生になったら一緒に読んでみたいと思っています。



購入はこちらから出来ます。
ラッセル・E. エリクソン 評論社 2008-02
売り上げランキング : 49601
by ヨメレバ


関連記事はこちらから
児童小説①〜花豆の煮えるまで〜
児童小説③〜荒野にネコは生きぬいて〜
トリペとー妊婦、はじめました
みどりのマキバオー

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category:

thread: オススメの本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

児童小説①~花豆の煮えるまで~ 

 

私は子供の頃から読書が好きでした。

夏休みや冬休みには、毎日近所の図書館に行き、児童小説を読んでいるような子供でした。

当時、出会ったいくつかの本は、大人になっても漠然と記憶に残っていて、
ふとしたことがきっかけで、もう一度手にとって読みたくなります。

大人になって読み直してみると、また違った感想を持つことも多く、自分が大人になったことが、嬉しくも、少しさみしくも感じられます。

そんな、児童小説をいくつか紹介していきたいと思います。

関連記事はこちらから
トリペとー妊婦、はじめました
児童小説②〜火よう日のごちそうはひきがえる
児童小説③〜荒野にネコは生きぬいて〜
みどりのマキバオー




花豆の煮えるまで―小夜の物語 (偕成社ワンダーランド)


主人公の小夜は山のふもとの温泉旅館の娘。
彼女は山んばを母に持ち、毎日のように山深くを歩いては、山の精と遊びます。
そんな小夜と山の精との出会いを描いた六話からなる連作短編集です。


第一話/花豆の煮えるまで
おばあさんが花豆を煮ながら小夜に語る、山んばの母と父との出会いと別れの物語。

第二話/風になって
風になって山をとぶ小夜。
彼女が目にしたものとは…

第三話/湯の花
病気のおじいさんに湯の花を届ける小夜。
その道すがら、不思議な音を聞いて…

紅葉の頃
紅葉の頃、旅館に泊まりに来た見慣れぬ母娘。
二人の正体は…

小夜と鬼の子
山深くで迷ってしまった小夜。
旅館の近くに住むという鬼の子と出会い、いっしょに帰ろうと誘うが…

大きな朴の木
山んばの母に会いたいと朴の木の精にお願いする小夜。
朴の木は願いを叶えるために条件を出して…


私が初めて花豆の煮えるまで―小夜の物語 を読んだのは、小学四、五年生の頃だったと思います。

みるみるうちに不思議な話に引き込まれ、何度も何度も読み返したのを覚えています。

大人になって読み返してみると、
どの話も、情景がありありと思い浮かび、
花豆の煮える甘い香り、山の木々のみずみずしい香り、湯の花とひのきの温かな香り…など、その香りまでもが感じられます。

私は、そういった香りとともに、子供の時感じた、母が立つ台所からただよう夕飯の香り、学校帰りに遊んだ野原の草花の香り、父と入った入浴剤の溶けたお風呂の香り…などを思い出し、なつかしく、幸せな気持ちにさせられます。

私がもっと年をとってこの本を読んだときに、どんな香りを思い出し、どんな気持ちになるのか…
夫や息子と過ごした日々を思い出し、幸せな気持ちになれたらいいな…
と、思いながら、その日を楽しみにしています。

購入はこちらから出来ます。
安房 直子 偕成社 1993-03
売り上げランキング : 446573
by ヨメレバ



関連記事はこちらから
トリペとー妊婦、はじめました
児童小説②〜火よう日のごちそうはひきがえる
児童小説③〜荒野にネコは生きぬいて〜
みどりのマキバオー

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村

category:

thread: オススメの本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。